8月中に新規お申込みいただいた方に小冊子『老後を安心させる中高年の必須知識26』を差し上げます。
トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は9/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
 
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 岸田首相-「3大爆弾」抱え年内解散狙う
岸田首相は「安倍元首相の遺志を継ぐ」といいながら安倍派の徹底的な潰滅を狙う作戦に出る。電力逼迫・物価高・憲法改正という3つの爆弾を抱えながらも「岸田一強」を狙って年内解散→総選挙を考え始めているとの情報が永田町に飛び交い始めた。

【経 済】 三木谷楽天会長兼社長を襲った「ある醜聞」の波紋
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長とその周辺に激震が走っている。「ガーシー」こと東谷義和氏の暴露によって、三木谷氏がウクライナ人女性といかがわしいパーティを開催していた疑惑が持ち上がったのだ。本誌は政官の大物が集う三木谷パーティの深層に迫り、三木谷氏自身に疑問をぶつけた。

【社 会】 「横田めぐみさんは生きている」情報追う
北朝鮮で粛清された張成沢氏の側近だった北朝鮮工作機関「偵察総局」の元幹部、キム・グクソン氏が日本人拉致の実態や平壌での生活を証言した。キム氏は横田めぐみさんについて「驚くような話がある」と語っており、拉致された人たちが全員生存している可能性が高まっている。

【皇 室  愛子さま-「待望論」に潜む期待と不安
いよいよ皇位継承議論が本格化する。女性・女系天皇に道を開く可能性は低いが、有識者会議の報告通り、結婚後も女性皇族が皇室に残る方策は取られるとの見方が強い。つまり、愛子さまは結婚後も皇室に残ることになる。そんななか、愛子さまのお相手選びに向けた動きも出てきた。

【皇 室◆ 小室夫妻に中国「情報工作網」が急迫す
NYで呑気に怠惰生活を送る小室夫妻。本誌は、中国が夫妻に情報工作を仕掛けようとしているという情報をキャッチした。きっかけは2人がよく行く飲食店にあったという…。さらに、紀子さまを巡る驚愕スキャンダル疑惑も追った。今月号も独自情報満載でお伝えする。

【生活&健康】 コロナ第7波襲来―ワクチンで備えよ
オミクロン株の変異株であるBA.5が主流となっているコロナ第7波。重症者や死亡者は少なくなり警戒は不要との声も聞かれるが、同じ呼吸器感染症でも新型コロナとインフルエンザは異なる。新型コロナは治療期間も長いし、呼吸器以外の多臓器に障害を起こす。さらに原因不明の後遺症に苦しむ人も増えているのだ。


ページトップへ

・【ワシントン発】安倍元首相暗殺‐レーガン狙撃事件に学べ
日本社会の弱点衝いた
背後の警備、防弾チョッキ、容疑者の事前動向の察知がなぜ出来なかったのか
在米ジャーナリスト 古 森 義 久

・朝日新聞‐安倍元首相狙撃報道は冒涜だ
警察の警備も委縮させていた
過去の極左テロ行為には言及せず悲惨な写真掲載で親族の心情を踏みにじる
東京大学史料編纂所 元教授  酒 井 信 彦


・プーチン‐長期戦でNATO壊滅狙う
日本恫喝&EU分断加速す
インフレで西側諸国が混乱するなか資源と食糧を武器に米国支配を揺るがす


・【新連載】スーパードクターが挑む 1
坪井正博 (国立がん研究センター呼吸器外科長) が難病肺がん撲滅へ
豊富な手術経験誇る
部位別死亡者数最多の肺がんを有効な抗がん剤も駆使した手術で絶滅目指す
ジャーナリスト 田 中 幾 太 郎


(最新号より注目記事を(無料記事一部掲載4本)

ページトップへ
膵がんを新ウィルス療法で撲滅へ
青木一教国立がん研究センター研究所副所長が挑む
早期発見が難しく進行も速い膵がん細胞をウイルスを応用して破壊する!
                    ジャーナリスト 安達 純 
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ

 
・岸田首相‐「3大爆弾」抱え年内解散狙う
「安倍元首相の遺志を継ぐ」といいながら安倍派の徹底的な潰滅を狙う作戦へ


 
・安倍派分裂へ‐昭恵擁立説飛ぶなかで
・中国‐日本を「核」で恫喝→使用するとき── 兼原信克
・維新ピンチ‐「松井引退→新代表」で混迷へ‐参院選では躍進するも課題残し
・参政党‐「入れたい政党がない」で伸びる‐ネットと街頭演説を駆使し
・立憲低迷‐泉代表萎み蓮舫・辻元のさばる‐枝野・安住・小沢らが主導権争う
・《政官パトロール115》木原誠二官房副長官‐「艶聞」続出に政官揺れる──ジャーナリスト 横田由美子


 
・三木谷楽天会長社長を襲った「ある醜聞」の波紋
・「IT社会」危うし‐KDDI障害の激震‐外国のサイバー攻撃説も?!
・東芝‐「外資ファンド」に翻弄→切り売りへ‐原子力発電&半導体危うし
・IRジャパン社長を撃った「インサイダー事件」暴く‐株主総会の「用心棒」と呼ばれた
・《挑戦企業51》井上鉄工所‐父と娘で苦境越え躍進へ──政策研究大学院大学名誉教授 橋本久義


    
 
《特集 皇室激震》
・愛子さま‐「待望論」に潜む期待と不安
・小室夫妻に中国「情報工作網」が急迫す

・創価学会は次期会長巡る「新権力闘争」へ
・「横田めぐみは生きている」情報追う
・メタバース‐「仮想現実」が世界を変える‐5年後にも到来する生活革命
・読売新聞‐日テレ支配&不祥事に揺れる‐渡辺恒雄読売グループ本社主筆の威光いつまで
・朝日新聞‐「安倍元首相狙撃」報道は冒涜だ──東京大学史料編纂所元教授 酒井信彦
・給付金&補助金は税金だ‐「詐取」を許すな‐経産省・中小企業庁・受注企業へ
・私立大学‐「新奇学部」創設し生き残りへ‐デジタルや情報分野が人気だが
・【リーダー登場】大学教員は講義より「学生と対話」を──杉林堅次・城西国際大学学長
・《地方創生へ8》ニュータウン再生へ建築家が燃える───ノンフィクション作家 神山典士
・〈危機黒書22〉不祥事の記者会見‐こうして乗り切れ‐涙を見せるな汗は拭くな
・映画&テレビ界「セクハラ・パワハラ」の闇‐映画監督やテレビプロデューサー・ディレクターなどが
・日本医師会‐「かかりつけ医」の拡充急げ


 
・サル痘拡大‐「次のパンデミック」に備えろ
・首都直下地震‐生き延びる知識と行動へ‐倒壊・火災・津波から身を守れ
・原子力発電「再生」へ127 島根原発「再稼働」へ 地元同意に期待が‐柏崎刈羽・浜岡も続け
・《中高年ノート133》認知症‐患者も家族も幸せに暮らす法‐薬やケアより「人薬」だ
・「睡眠時無呼吸」が心筋梗塞・脳卒中を招く‐CPAP・マウスピースに新治療法も


 
・プーチン‐「長期戦」でNATO壊滅狙う
・《ワシントン発》安倍元首相暗殺‐レーガン狙撃事件に学べ──在米ジャーナリスト 古森義久
・フィンランド&スウェーデン「NATO」へ‐獰猛なプーチンは報復する
・習近平‐「暗殺」に脅えるも3期目強行へ


 
ページトップへ

 
日本製鉄/コスモエネルギーHD/東武鉄道/日医工/東北新社/アストラゼネカ/東電HD
 
 
ページトップへ

・日本警世 朝日新聞の「私怨報道」が安倍元首相狙撃を助長した  ジャーナリスト 高山 正之
・日本異人伝 徳川家康(下)‐徳川の世に火事場泥棒はいらない  東京大学史料編纂所教授 本郷 和人
・大 喝 安倍元首相の「死」が突きつけた
・政官界の内幕 「こども家庭庁」長官人事巡り厚労省が渡辺由美子氏「死守」へ
・THEMIS LOBBY 麻生家から親子2代で日本青年会議所会頭に
・社会短針  法隆寺-支援1日2千万円の謎
・テレビ短針  またぞろ占い番組が誕生した 桧山珠美
・社会短針  UFOは存在する-日米で検証進む
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ


 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。