トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 9月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は10/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 安倍首相‐10月総選挙で全野党を倒す
一強体制が崩れた安倍晋三首相政権が再び息を吹き返している。お友達を排し、森・小泉・麻生ら歴代首相からの知恵も取り入れ、新代表の民進党や小池新党まで呑み込む戦略で、10月総選挙に向かって動き出した。しかし、一方で頭の痛い問題も山積する。

【政 治】 青山繁晴参院議員‐情報力駆使し政界縦断す
参議院1回生議員の言動が注目されている。7月下旬の参院予算委員会で、北朝鮮の日本人拉致問題で首相に、加計学園問題では前川喜平前文科次官に鋭く迫った。氏は昨年6月に安倍首相から「青山さんガ来たら外務省、経産省も変わる」と口説かれたというが…。

【経 済】 平井ソニー会長‐社員「リストラ」本人「9億円」貪る
平井社長は元気なソニーが戻ってきたというが、「ソニーの事業で業績を上げているのは、保険や銀行などの金銭を動かすだけの産業が中心だ」(元ソニー社員)。しかも、「キャリア開発室」という事実上のリストラ部屋で、自主退職も含めて7万8千人も削減した結果だった。ところが一部の役員の年収には驚く…。

【社 会】 「種子法廃止」でも日本のコメは安泰だ
主要農作物種子法がさる4月、自民、公明、民進党などの賛成多数で成立した。山田正彦元農水相はじめ、共産党、評論家などが一斉に批判の声を上げた。だが彼らは農水省が農業という業界を所管し、自省の権益にしてきた現実を見ようとしないだけだ。

【社 会】 テレビの「有名ワイドショー」これが内幕だ
民放の情報番組は森友・加計学園問題など同じネタばかり扱い、偏向傾向が似通うといった不可思議な構成が多い。ネットでは「泉放送制作という会社が反安倍報道を仕掛けている」という説が拡散された。その疑惑を追うと、テレビ業界に放送法違反の「世論操作」体質に行き着く。

【社 会】 皇太子ご一家‐新天皇家への「険しい道」
8月15日の慰霊の日に、なぜ皇太子ご夫妻は静岡県下田市の須崎御用邸で静養されているのか――皇室関係者からも疑問の声が出ている。雅子さまの公務や愛子さまの動向など、皇室記事が触れない次世代皇室の危険とは何か―。

【社 会】 連合‐「働き方改革」巡る抗争で分裂へ
年収の高い専門職の人を労働時間規制から外す「高プロ」を巡り、連合は次期会長といわれた逢見直人事務局長が会長代行に押し込まれるなど混乱が続いている。野党共闘が争点のひとつである民進党代表選でも連合内部には決定的な亀裂が入り、分裂はもはや避けられない状況だ。

【国 際】  トランプ米国大統領「北朝鮮11月攻撃」へ動く 
米国は北朝鮮の要所を一斉に爆撃する「奇襲攻撃」の準備を進めている。米情報機関関係者によると、北朝鮮攻撃の要件は3つある。その3要件とは、在韓米国人の避難ルート確保、マティス国防長官の部下入れ替え、中国とロシアを押さえることだというが…。


ページトップへ

小泉進次郎‐農協改革空回りで成果なし
全中・全農両会長も改革反対派へ
「改革する」というイメージだけが先行しブレーンも権限もすべてが足りなかった

電気自動車戦争‐EUが日本を巻き込む
仏・英が23年後にガソリン車禁止
日本メーカーのEV技術は世界でもトップ級だがEV戦争は技術以外の闘いに

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
慢性疾患としてQOL向上へ
分子標的薬の「病勢安定」が癌患者を救う
−腫瘍を「完全寛解」するわけではないが成長を抑制し少ない副作用で驚異的な効果−
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
安倍首相‐10月総選挙で全野党を倒す
政界大再編を見据え
お友達を排し歴代首相も取り込み新代表の民進党や小池新党まで呑み込む
 
 
・青山繁晴参院議員‐情報力駆使し政界縦断す ・小池新党‐小沢一郎・細野豪志らが疾る‐野心家だらけの政治素人が独善&密室で新党ごっこ
・財務&文科官僚 大マスコミをこう操る‐安倍政権潰しの一方で情報リークには予算獲得の狙いも
・小泉進次郎‐「農協改革空回り」で成果なし‐イメージだけが先行しブレーンも権限もなかった
・麻生財務相‐米国に「緊急輸入制限」の狙い‐米国の白人農民票に打撃を与え安倍政権を揺るがす
・【政官界パトロール】財務省‐消費増税実施へ新人事で臨む───ジャーナリスト 横田由美子
 
 
・平井ソニー社長‐社員「リストラ」本人「9億円」貪る ・電気自動車戦争‐EUが日本を巻き込む‐ 日本のEV技術は世界トップクラスだが技術以外の闘いへ
・【集中連載 金融界大激震へ】金融庁vs.公取委「地銀再編」で激突の帰趨───ジャーナリスト 池原冨貴夫
・日銀‐次の総裁で「脱デフレ」はこう変わる‐リフレ派かプロパー組か─新たに第3の候補も
・財務省‐企業の「内部留保に課税」の行方‐500兆円に目が眩んだ財務省だが端緒はアベノミクス
・《経済短針》セブン&アイ「井阪体制」動き出す‐店舗レイアウト・チャージ・オムニ7見直しへ
 
 
 
 
 
・日本経済新聞‐「財務省の広報紙か」の声
・「種子法」廃止でも日本のコメは安泰だ
・NHK「ネット配信」受信料に大批判湧く‐偏向番組や愚劣番組も多いなか金儲けに走る
・驕れる朝日新聞‐「安倍憎し」報道極まる‐都合が悪いと「報道しない自由」を振りかざす
・朝日&毎日の「一方的加計報道」を駁す‐前川証言は嘘だ! 加戸守行前愛媛県知事が真相を語る
・テレビの「有名ワイドショー」これが内幕だ‐民放の情報番組はネタも偏向傾向も同じという疑問
・池田大作「最終指令」に公明党&創価学会の混迷深まる‐7年以上も公の席に姿を見せず「健康不安」情報も
・皇太子ご一家‐新天皇家への「険しい道」‐8月15日の慰霊の日になぜ御用邸で“静養”されていたのか
・東京五輪を「一匹狼テロ」でぶっ潰せ!‐自衛隊の感染症無防備から中東出身者の来日急増まで
・連合‐「働き方改革」巡る抗争で分裂へ‐神津+逢見体制は揺らぎ民進党の野党共闘で亀裂が
 
 
・〈原子力発電「再生」へ69〉関西電力「原発再稼働→料金値下げ」へ
・【中高年ノート】「老老介護」で孤立や共倒れを防ぐ法‐最後まで幸せに暮らすには普段からの夫婦関係が大事
・社会短針 半田晴久‐ブランド時計を操る‐芸術から宗教までマルチな才能が企業経営にも
・白鵬「張り手」横綱‐「一代年寄」を狙う事情‐日本国籍取得で白鵬部屋→相撲協会理事長狙う
・東京五輪・パラリンピック は歴代都知事で混迷中‐功名心やパフォーマンスが難題を続出させた
・「スマホ白痴」急増‐依存症から当たり屋まで‐米国では「歩きスマホ」に罰金刑まで科す事態に!
・「男の更年期」が働き盛りの長期不調ストレスを増やす
 
 
・トランプ米国 大統領「北朝鮮11月攻撃」へ動く
・【ワシントンレポート】 米国‐遂に金正恩政権「壊滅作戦」を開始───在米ジャーナリスト 古森義久
・【国際短針】ラガルドIMF専務理事発言の波紋‐「10年後には本部はワシントンから北京へ」
・マクロンフランス大統領‐大人気から急降下の真相‐既存政治に失望した有権者から「新盟主」と期待されるも
 
ページトップへ

 
JAL/大林組/DeNA/HIS/SBI/日本コロムビア/佐川国税庁長官
 
 
ページトップへ

・楽天家の人生発見 「どうして生きているのか?」  高橋三千綱
・日本警世 朝日新聞ではわからない「中東情勢」記事を斬る ジジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録 醜聞」報道に明け暮れる大マスコミの国家的犯罪 エッセイスト 大澤 正道
・裸の財務官僚  財務省の弱みを握っていた籠池夫妻「逮捕」に怯える人々 嘉悦大学教授 高橋 洋一
・自衛隊密着ルポ 自衛隊「日報問題」の全真相を明かそう 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 誰が問題議員を選んだのか
・THEMIS EYE 前原誠司「民進党代表」なら犲命伸瓩農治生命を断たれる?!
・THEMIS LOBBY 伊藤淳二氏の『天命』が復刻されて現代に問う
・社会短針 消えゆく時代劇の末路を憂う
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ

表紙/水野典子 カット/伊東恵美
写真提供/共同通信 産経新聞 時事通信

 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。