トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 6月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は7/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 テレ朝女性記者「セクハラ事件」の深奥
福田淳一前財務事務次官によるテレビ朝日女性記者へのセクハラ問題は、福田氏が減給処分と辞任に追い込まれた。しかし、テレ朝側の対応や女性記者の背景を追うと疑問も多い。女性記者の上司である女性経済部長M氏の責任も重い。

【政 治】 安倍危うし‐消費増税凍結&地方行脚へ
モリ・カケ問題はまだ終わっていないが、安倍政権は9月総裁選3選に向けて走り出した。背後では安倍チルドレン若手有志が密かに打ち出す「消費増税凍結論」が動いている。石破・岸田連合を潰しアベノミクスを進化させるにはこれしかない。

【経 済】 JR東日本労組で「3万人脱退」の衝撃
加入率80%といわれたJR東日本労組で、3か月間で3万人の組合員が脱退するという“異常事態”が起こっている。今年の春闘で執行部が'70年代に行われたようなストを決行しようとしたのがきっかけだ。会社側は「お客様第一」を前面に押し立てて労組にノーを突きつけたが波紋は広がる。

【社 会】 中国‐全国で「土地簒奪」が狡猾に進む
北海道ではすでに東京ドーム533個分の水源地が外国資本に買収されている。その大半が中国資本で、しかも水源地以外も含めれば数十倍の土地が買われているとの指摘すらある。とくに室蘭、苫小牧、釧路各港は、中国の経済圏構想「一帯一路」の北極海航路の拠点となる。一方、鹿児島県奄美大島では、大型クルーズ船の定期便で中国人7千人が押し寄せる計画が浮上して…。

【社 会】 「拉致」解決へ‐北朝鮮は「6兆円寄こせ!」
米朝会談で波紋は広がるが、北朝鮮による日本人の拉致被害問題は、暗礁に乗り上げている。北朝鮮は非公式ルートで'02年に小泉純一郎首相と金正日総書記が署名した日朝平壌宣言の実行を求めている。すでに日朝国交正常化で2兆円、新たな拉致被害者の帰還により計6兆円の数字が出ている。

【社 会】 NHKに「公共と民間に分割しろ」が迫る
放送界に揺さぶりをかける安倍政権だが、それを機にNHK2分割論が浮上している。偏向番組、職員の高給問題などを一気に解決するには「公共放送NHK」と「民間放送NHK」に分割し、受信料で賄うのは「公共放送NHK」だけにする……。

【国 際】 トランプの「会談中止」に金正恩は震えた
トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長のギリギリの“心理戦”が続いている。トランプが怒りまくったのは、金正恩が二度目の突然の訪中で大連を訪れたことだ。そこには中国初の国産空母が建造され、米国の軍事プレゼンスを脅かそうとしているからだ。再び米軍による北朝鮮爆撃の可能性が高まる。

ページトップへ

甘利明省庁衝撃再々編に霞が関震撼す
財務省&国交省&総務省を狙え
安倍3選へ疑惑から復活した男がいま中央省庁&行政改革を推進する狙いは?!

佐川国税庁前長官不起訴は検察の遠慮だった?!
政界へ配慮し国税とは対立せず
地検は不起訴にしたが財務省と学園の交渉記録も出るなど疑惑は続く

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
肺がん肺葉切除‐ダビンチ治療の威
官邸筋ももう守り切れないと
かつての胸腔鏡下手術に代わるロボット支援下手術は今年4月に保険収載された
         ジャーナリスト 安達 純
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
テレ朝女性記者「セクハラ事件」の深奥
福田財務省前次官の辞任巡る「謎」を追う
事件は世間の注目を浴びたが報道は中途半端だった―背景や疑問を追うと
 
 
・安倍危うし‐消費増税凍結&地方行脚へ
・佐川国税庁前長官「不起訴」は検察の遠慮だった?!
・甘利明「省庁衝撃再々編」に霞が関震撼す‐疑惑から復活した男が財務・国交・総務を狙う
・小池東京都知事‐都民ファ低迷&丸川知事候補に焦る‐人気取りに走るが自民党は早くも都知事選へ動き出した
・神津連合会長の大誤算‐国民民主党に未来なし‐支持率1%未満で立憲や有力議員にもそっぽを向かれて
・小泉・山崎・古賀・福田「老醜四人組」哀れ‐脚光を浴びた過去を忘れられず政権批判で煽り立てるが
・沖縄知事選へ菅官房長官&公明党が猛進す‐翁長即辞任で知事選を前倒しさせ安倍潰し狙いもあるが
・《政官パトロール》福田淳一財務省前次官 マスコミが伝えない「素顔」─── ジャーナリスト 横田由美子
 
 
・JR東日本労組で「3万人脱退」の衝撃
・《金融界激動へ》 三菱UFJ・三井住友・みずほ襲う「新事態」─ 経済ジャーナリスト 池原冨貴夫
・【新連載】中小企業応援団 発展する中小企業の社長はみな親切だ─ 政策研究大学院大学 名誉教授  橋本久義
・産業革新機構‐今や「税金垂れ流し」の惨状‐各省庁は官民ファンドを乱立させたが休眠か天下り先に
・イオン‐「進む世襲」&「企業体質」に不安あり‐M&Aを繰り返す「連邦経営」に限界が見えるが
・ヤマト運輸‐アマゾン進出で苦境続く‐「第三の創業」前に委縮しているが大胆な戦略を!
・武田薬品「6・8兆円巨額買収劇」の勝算‐世界のメガファーマとしての地位を確立するチャンスだが
 
 
 
 
 
・「拉致」解決へ‐北朝鮮は「6兆円寄こせ!」
・中国‐全国で「土地簒奪」が狡猾に進む
・NHKを「公共放送と民間放送に分割しろ」が迫る
・池田大作「Xデー後」の主導権争い激化へ‐原田会長が8年前の「ご指導」を披露し却って大混乱へ
・早稲田大学がアリババに席捲された日‐鎌田総長がジャック・マー会長をもみ手で迎えたが
・名古屋大学‐「中京力」擁し世界へ雄飛す‐ノーベル賞受賞者が続出し岐阜大学との統合も
・サッカー協会歪める「企業閥&学閥」斬る‐W杯目前の監督交代は泥沼だが惨敗必至で大混乱
・司法取引‐内部告発&上司関与を増やす‐期待が高まるなか冤罪増加などデメリットも
 
 
・【原子力発電「再生」へ78】玄海原発「再稼働」が家庭と産業を潤す‐再生エネルギーの課題退け
・≪中高年ノート≫ 独居高齢者襲う「生前&死後」の大難問‐認知症や相続問題など早めの対策を
・国際医療福祉大‐拡大戦略は成功するか‐医学部新設や病院買収の真価はこれから問われる
・「ポジティブ思考」(マインドフルネス)で健康と幸福を──── ジャーナリスト 安達純子
・「涙活」が脳活性化&ストレス発散に効く
 
 
・トランプの「会談中止」に金正恩は震えた
・≪ワシントンレポート≫ 北朝鮮「核兵器全廃」は真っ赤なウソだ─── 在米ジャーナリスト 古森義久
・トランプ米国大統領‐日本に「中国企業制裁」迫る‐「中国製携帯」全面排除の次は
 
ページトップへ

 
ホンダ/J.フロント リテイリング/明治HD/マツダ/大日本印刷/極洋/大京
 
 
ページトップへ

・楽天家の人生発見 「大事なことには時間がかかる」   高橋三千綱
・日本警世 朝日新聞の下種の勘繰り 暴走指揮は根本論説主幹  ジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録 ほんとうに赤くなった朝日の中国報道を衝く エッセイスト 大澤 正道
・裸の財務官僚インフレ目標を降ろした黒田の「説明」に違和感あり 嘉悦大学教授 高橋 洋一
・自衛隊密着ルポ 「日報攻撃」は実情知らぬ難癖だ 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 あなたが大災害に直面したら
・THEMIS EYE安倍「3選」から中国人脈まで二階俊博幹事長が存在感増す
・THEMIS LOBBY 文藝春秋役員人事巡り松井社長の院政にNO!
・社会短針 驕る「ジャニーズ」の落日が見えた 桧山珠美
・社会短針 北野武が勲章貰って大喜び?!
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ

表紙/水野典子 カット/伊東恵美
写真提供/共同通信 産経新聞 時事通信

 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。