トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 9月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は10/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 安倍「お友達内閣」踏襲が自民混迷招く
安倍政権に緩みや弛みが目立っているが、メディアは政府の対応を批判しない。女性議員や側近議員の登用が9月半ばの内閣改造・自民党役員人事で噂され、自民党内は政権への疑問の声が渦巻く。消費増税と憲法改正で安倍政権は瓦解に向かうとの見立ても出てきた。

【政 治】 菅官房長官‐小泉進次郎「担ぎ出し」の遠望
小泉進次郎氏の“デキちゃった婚”は世間から批判されてもおかしくなかったが、それをダメージ・コントロールしたのが菅義偉官房長官だった。菅氏が進次郎氏のバックについたことで「総理への道」が早まる可能性が出てきた。「ポスト安倍」を見越し携帯電話料金見直しや横浜のIR(カジノ)も動き出した。

【政 治】 黒田日銀総裁「物価目標」失敗し野垂れ死にへ
総裁2期目の後半は「リフレ派」の学者なども金融政策より積極的な財政刺激策が必要であるといい出した。だが財務省出身の黒田氏はどちらのサイドに向くことも出来ず、孤独感が目立ち始めた。この先は野垂れ死にしかないのか…。

【経 済】 次代エーザイは「認知症薬」の成否が握る
世界の製薬大手33社が治療薬の開発に6千億飽幣綯蹐込んだが、多くは失敗した。エーザイでもさる4月、「アデュカヌマブ」の最終治験が頓挫した。それでも認知症の新薬開発に執念を燃やす内藤晴夫CEOのホンネは何か。

【経 済】 『リブラ(仮想通貨)』が秘める危険と成長を質す
フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」を巡って世界の中央銀行、国際機関がいっせいに規制をいいだした。その一方でいままでのドル基軸通貨体制に挑むチャンスだとする勢力も密かに動き出して…。

【社 会】 検察の「有罪犯野放し」続発の失態斬る
横浜地検の事務官らが実刑の確定した被告の収容に失敗、逃走を許した事件でようやく『検査報告書』が出た。しかし、その内容は心許なく防止策も空疎なものだ。愛媛県で起きた女子大生誤認逮捕事件でも地検の不手際が囁かれる。検察は次期検事総長ポストを巡る足の引っ張り合いをしている場合ではない!

【社 会】 「愛子天皇」巡る皇室・政府・国会の暗闘
小泉純一郎政権で「女性天皇容認」が報告され上皇ご夫妻も賛成されていたというが、安倍晋三政権は秋からの議論であくまで現在の「男系男子」による皇位継承で行くという。しかし、女性天皇「賛成」は世論調査で80%近くになる。皇室・政府・国会の暗闘が続く!

【国 際】 「世界経済」崩壊が「米中貿易戦激化&ドイツ銀行破綻」で加速する
米国が中国からの輸入品のほぼ全てに制裁関税を課したが、きっかけになったのは中国の「知財窃盗」だった。それに拍車をかけているのが欧州最大のドイツ銀行の破綻危機だが、大株主の中国の海航集団がいずれ持ち株を全て売却するという。そのとき世界経済は…。

ページトップへ

小池倒せ‐丸川・蓮舫・乙武・山本太郎立つ
二階自民党幹事長や谷垣自民党元総裁に縋る
都知事選まであと約10か月―「小池1自民党都連」になれば野党にも勝機が

白鵬日本国籍取得し協会乗っ取りへ
相撲協会の無為無策が情ない
理事長への野心をたぎらせる白鵬へ協会内部から批判と反発が出たが弱々しい

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
膵がんを新ウイルス療法で撲滅へ
青木一教国立がん研究センター研究所副所長が挑む
早期発見が難しく進行も速い膵がん細胞をウイルスを応用して破壊する!
         ジャーナリスト 安達 純
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
安倍「お友達内閣」踏襲が自民混迷招く
丸川・稲田・三原じゅん子入閣へ
下村や萩生田などの側近議員では改憲できないとの声が高まり経済や外交も危ない
 
 
・菅義偉官房長官‐小泉進次郎「担ぎ出し」の遠謀
・小池倒せ‐丸川・蓮舫・乙武・山本太  郎立つ‐「小池vs.自民党都連」なら野党にも勝機が
・黒田日銀総裁「物価目標」失敗し野垂れ死にへ‐消費増税で不況必至というのに
・《政官パトロール》厚労省セクハラ官僚の呆れた実態暴く──── ジャーナリスト 横田由美子
・山本太郎&れいわ新選組‐衆院殴り込みの秘策暴く‐枝野・志位・玉木を尻目に本気で首相の座を狙う
・岸田文雄‐「菅の策謀」&「玉木入党」で沈む‐首相の“禅譲”を待つだけで蛮勇と存在感なしが欠点だ
 
 
・次代エーザイは「認知症薬」の成否が握る
・かんぽ不正‐民営化が「浮利」に走らせた‐長門社長らトップは責任逃れで対立し内部から告げ口
・《連載 挑戦企業》東尾光紹 東尾メック会長 「継手」で世界を制す────政策研究大学院大学名誉教授 橋本久義
・『リブラ(仮想通貨)』が秘める危険と成長を質す‐27億人を擁すフェイスブックが発行するが勝算は
・豊田章男社長「モビリティ革命」で大変身へ‐100年に一度の大転換期迎えトヨタが動き出した
・キヤノン低迷‐御手洗「居座り」が元凶だ‐独裁20年以上で主力商品不振だが後継者育てず
 
 
 
 
 
・検察の「有罪犯野放し」続発の失態斬る
・江藤淳‐金銭に執着した「意外な顔あり」
・渡邉恒雄が日テレ支配し政治報道幹部人事決める‐安倍4選断言や「毎年100億円の利益」に自画自賛
・朝日新聞‐「表現の自由」操る二重基準斬る────東京大学史料編纂所元教授 酒井信彦
・NHKを震撼させる「N国党」次の作戦‐立花代表の弱点&醜聞探しもあるがさらなる追及へ
・原田稔会長‐「公明票減少」に焦り走る‐「会長続投」となったが池田大作氏のメッセージ活用も
・【吉本追及 枩府&吉本‐税金122億円使う怪構想へ‐「クールジャパン機構」巡り大阪万博やカジノ利権へ
・【吉本追及◆杁繁椒肇奪廚痢峇躓ヾ浜」が混迷招いた‐「入江?反社」に慌て隠蔽を図った大灰錺鵐泪鸞寮
・「愛子天皇」巡る皇室・政府・国会の暗闘
 
 
・〈原子力発電「再生」へ93〉5政党に「原発再稼働」か「ゼロ社会」か問う‐公約は実現可能か絵空事か
・〈中高年ノート〉「老後人生」壊す夫源病&妻源病はびこる‐夫や妻の言動がストレスに
・半田晴久‐若き芸術家よ 世界へ羽撃け‐第20回「高校生国際美術展」で日本を代表する高校生を
・高野連の「優柔不断」が若い才能を潰す‐大船渡・佐々木投手問題と新聞が煽る「血と汗と涙」のウソ
・白鵬「日本国籍取得」し協会乗っ取りへ‐白鵬批判と反発が出たが相撲協会の無為無策が情けない
・健康診断「基準値&過剰投薬」の危険衝く
 
 
・「世界経済」崩壊が 米中貿易戦激化ドイツ銀行破綻で加速する
・《ワシントンレポート》日韓対立‐「非は文在寅にあり」の波紋─―─ 在米ジャーナリスト 古森 義久
・中国‐「ハリウッド制圧」し日本映画も襲う‐反トランプやLGBT掲げる裏で資金面の援助を
・ジョンソン英国首相の「断行」でEUは崩壊へ?!──── JPリサーチ&コンサルティング顧問 杉山 仁
・金正恩‐新型ミサイル&工作員で日本を襲う‐トランプ懐柔と軍事力増強で米朝が“握った”ツケ
 
ページトップへ

 
ニコン/エフエム東京/スズキ/ロッテ/デル/PPIH/日本医師会
 
 
ページトップへ

・楽天家の人生発見  「おおらかで大胆に生きた清貧の侍」 高橋三千綱
・日本警世  神代から日本に集った韓国とは縁を切るときだ  ジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録  〈寸鉄録〉習近平がごり押しする『国防白書』の嘘を嗤う エッセイスト 大澤 正道
・自衛隊密着ルポ 「有志連合」‐日本はすでに参加している 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 香港の若者達の覚悟を見よ
・THEMIS EYE 復興相より厚労部会長を望む小泉進次郎氏の「打算」に批判
・THEMIS LOBBY 悠仁さま刃物に新事実学習院が怒りと不安を
・テレビ短針 小倉&宮根「低迷」でも強気だが  桧山 珠美
・経済短針吉田博美前参院議員大臣より裏方に
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ


 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。