トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 12月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は1/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 リーマン級「景気後退(リセッション)」が必ず到来する
来年1月にも米国・トランプと中国・習近平による「ダブル株暴落」の可能性が、マーケット関係者の間で囁かれている。米経済学者もIMF(国際通貨基金)レポートも「リーマン・ショック級」の経済危機を予測し始めた。こんなときに日本は消費増税などやっている場合なのか?!

【政 治】 「安倍降ろし」へ党内外の反乱軍蠢動す
安倍首相は所信声明演説で「いまこそ戦後日本外交の総決算を行う」と語ったが、ロシアとの北方領土返還交渉に前のめりになっている。同時に入管法改正問題では野党のみならず自民党内からも反対の声が上がってきた。「ポスト安倍」へ向けた反乱軍の動きとは?!

【社 会】 国税庁 富裕層&中産層の「海外口座」掴む
国税庁は日本の富裕層・中産階層が約100か国・地域に持っている口座情報を9月以降、約55万件入手した。国税庁、国税局OBらは「来年の確定申告の前、早ければ年内にも脱税案件を出してくるのでは」と予測する。

【社 会】 宮内庁「小和田氏への招待状」に悩む事情
小和田恆氏は雅子さまと皇太子殿下がご結婚された翌年の正月の天皇陛下主催の食事会に、連絡なしで欠席したこともある。宮内庁は今回、「新天皇即位」の「饗宴の儀」に招待状を出すべきか頭を痛めている。

【社 会】 安倍政権「拙速移民法」で日本大混乱へ
出入国管理法改正案の成立に向け邁進する安倍政権だが、なぜそんなに急ぐのか。来夏に参院選を控え、観光業界の票を見込んだ菅義偉官房長官が主導しているという。その反面、安倍首相を支持してきた保守層が離れるため、「命取りになる」との読みもある。事実上の「移民政策」で政権が自滅するのは勝手だが、日本社会が崩壊へ向かってはならない。

【社 会】 「モンゴル会」の正体‐貴ノ岩報告書が暴く
元横綱・日馬富士が起こした傷害事件をめぐり、被害者の幕内・貴ノ岩が提訴を取り下げた。そんななか、本誌は相撲協会が事件後に立ち上げた「暴力問題再発防止検討委員会」の報告書を入手した。そこには但木敬一元検事総長が委員長となってまとめた事件当日の詳細に加え、白鵬を頂点とする「モンゴル力士会」の驚くべき実態が記されていた。

【社 会】 「徴用工」 日本人支援者が扇動していた
戦時中の徴用工と称する朝鮮人労働者が新日鉄住金に霜害賠償を求めていた裁判で、韓国の大法院(最高裁判所)は国際法を無視して賠償金支払いを命じた。その背後には慰安婦問題と同様、焚き付けた日本人の存在がある。そして文在寅政権の狙いはどこにあるのか。

【国 際】 CIA‐ARM(ソフトバンク傘下企業)の「中国疑惑」追及へ
ソフトバンクが買収したARMの中国合弁企業に参加したのは、中国軍に軍用半導体部品も供給する中国半導体大手の清華紫光集団だった。紫光集団は米半導体大手のマイクロン・テクノロジー買収に動いたが失敗。次いで狙ったのがARMだった…。

ページトップへ

押し紙暴露‐新聞社がひた隠す驚愕実態
政治家が詐欺罪だと告発へ
苦しむ販売店は告発し政治家も報復覚悟で批判したが新聞社は沈黙するばかり

TPPを仕切った茂木経済再生相の徳のなさ
官僚は最怖政治家と恐れるが
首相への野望を抱き調整能力に加えカネ集めも上手いがなにせ人望がない

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
膵がんを新ウイルス療法で撲滅へ
青木一教国立がん研究センター研究所副所長が挑む
早期発見が難しく進行も速い膵がん細胞をウイルスを応用して破壊する!
         ジャーナリスト 安達 純
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
リーマン級「景気後退」が必ず到来する
消費増税などやっていられない
来月1月にもトランプと習近平による「ダブル株暴落」で世界は大不況に呑み込まれる
 
 
・「安倍降ろし」へ‐党内外の反乱軍蠢動す
・片山さつき‐全省庁に嫌われた女の今後‐口利き疑惑などの醜聞で野党の猛攻撃にもどこ吹く風と
・≪政官パトロール≫ 外国人労働者混迷‐法務4厚労激突へ─── ジャーナリスト 横田由美子
・吉田博美「参院の新ドン」と呼ばれるが‐大臣ポストは後輩に譲り野党にも太いパイプを持つが
・「TPP」を仕切った茂木経済再生相の「徳のなさ」‐官僚に「最怖政治家」と恐れられるが人望がない
 
 
・小林同友会「消費税10幼供廚鉾稟粛く
・≪中小企業応援団≫ 戸田拓夫キャステム社長紙ヒコーキに夢を乗せて─── 政策研究大学院大学名誉教授  橋本久義
・ふるさと納税高額返礼批判にも急伸中‐政府は規制も一定の効果は出てきて地方は大歓迎だ
・日産「100年に一度の変革期」に前進する‐ゴーン前会長は逮捕されたが技術革新で好ポジション取れ
・KYB「不正ビル」の住民を大不安襲う‐免震データ改竄事件が相次ぐが企業も国も無責任極まる
 
 
 
 
 
・国税庁‐富裕層&中産層の「海外口座」掴む
・宮内庁「小和田氏への招待状」に悩む事情
・創価学会「たった3人の反乱」で大混乱‐創立記念日にも池田氏不在で新体制へ向けて邁進するが
・木村草太‐若手憲法学者の「お花畑」理論‐護憲から辺野古反対や住民投票まで促しているが
・「モンゴル会」の正体‐貴ノ岩報告書が暴く
・安田純平を「人質ビジネス」に使った奴ら‐日本人がテロリストと共謀し身代金を山分けしたとも
・「押し紙」暴露‐新聞社がひた隠す実態‐政治家が報復覚悟で告発したが新聞社は沈黙するばかり
・朝日新聞「性奴隷=慰安婦」強弁の欺瞞──────東京大学史料編纂所元教授 酒井信彦
・テレ朝 日テレ抜いて驕るも問題あり‐連続ドラマや報道が当たりカネをかけず面白い番組も
・幻の数字「視聴率」がテレビを蹂躙する‐同類番組が増えたのは人気度が秒単位で判明するからだ
・安倍政権「拙速移民法」で日本大混乱へ‐与党には選挙対策の疑いがあり野党は揚げ足取りに走るが
・「徴用工」 日本人支援者が扇動していた‐日韓歴史戦で後手を踏み慰安婦問題の悪夢再現が迫る
 
 
・≪原子力発電「再生」へ84≫ 伊方原発‐デマ&訴訟乗り越え再稼働へ‐司法の姿勢が問われるときだ
・≪中高年ノート≫100歳まで健康で生き抜く知恵と行動‐実行すべきは充実した毎日を送ること
・鉄道オタク急増‐撮る・聞くから葬式鉄まで────── 鉄道ライター 蜂谷あす美
・仁徳天皇陵発掘 話題だが成果はない?!‐宮内庁はやっと決断しマスコミは意義を強調するが
・卵巣がんを新薬「リムパーザ」で撲滅へ ジャーナリスト 安達純子
 
 
・ワシントンレポート 「対中ODA」は歴史的大失敗だった────── 在米ジャーナリスト 古森義久
・プーチン「北方領土」操り「経済協力」狙う‐返還機運は盛り上がるも「主権は我にあり」と
・トランプ&ムハンマド皇太子「密約」暴く‐石油操るサウジの記者殺害事件の影響が日本に及ぶ
・CIA‐ARM(ソフトバンク傘下企業)の「中国疑惑」追及へ
 
ページトップへ

 
経団連/千代田化工/RIZAP/LIXIL/インテル/第一屋製パン/すかいらーく
 
 
ページトップへ

・楽天家の人生発見  「ギャンブル探検隊は神に出会う」 高橋三千綱
・日本警世  「知財ドロ」中共を助ける現代版スパイは誰だ?!  ジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録  靖国神社を忘れる勿れ 前宮司の危機感に思う エッセイスト 大澤 正道
・裸の霞が関官僚 日本は「対中ODA」を終了し「一帯一路」拒否に成功したが 嘉悦大学教授 高橋 洋一
・自衛隊密着ルポ  旭日旗」を拒否した韓国の無礼を斬る 桜林 美佐
・大 喝 リーダーとボスを見破れ
・THEMIS EYE リベートや女性問題も暴かれ菅官房長官「懐刀」が突如退任
・THEMIS LOBBY安倍政権終焉を見たか白川前日銀総裁の強気
・テレビ短針 坂上忍はついに「王国」築くか?!
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ

表紙/水野典子 カット/伊東恵美
写真提供/共同通信 産経新聞 時事通信

 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。