トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 10月中に新規お申込みいただいた方に小冊子『老後を安心させる中高年の必須知識26』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は11/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 菅首相‐橋下徹起用で長期政権狙う
本誌は「菅義偉官房長官は明智光秀のようにいずれは主君の寝首を掻く男になる」といってきた。菅氏は少なくとも6月中旬くらいから「天下取り」の準備を始めていた。菅首相は長期政権を狙い、維新の会との連立政権樹立を目指す。その先には橋下徹首相の誕生がある。

【政 治】 財務省「復讐」開始す‐官邸官僚敗れたり
安倍晋三政権から今井尚哉首相補佐官や長谷川榮一内閣広報官ら経産省グループが排除された。そんななか、「ここぞチャンス!」と復権を狙っているのが財務省である。主計局長に就任した矢野康治氏を先頭に自分たちの省益を守りさらなる権益拡大を狙う。

【政 治】 氷見野良三金融庁新長官‐地銀再編に剛腕振るえるか
バーゼル事務局長時代に「バーゼル2」を調整役としてまとめあげ、彫刻家『マイヨール』の著書もある文化人だ。だがそのことと地銀再編に突き進むこととは直接には関係はない。「むしろ、その国際性が邪魔になるのでは」とも。

【経 済】 武田薬品創業家&株主の反対高まる
武田薬品のウェーバー社長による昨年のシャイア―買収後、今年は「アリナミン」部門を売却したのみならず、30歳以上の社員の早期退職を募った。その一方でウェーバー社長らの年棒は高額化するばかりについに「武田を考える会」の“反乱” が始まった。

【社 会】 週刊誌危うし‐醜聞&不倫も飽きられた
かつて出版社のドル箱だった週刊誌は、いまや赤字を垂れ流す“お荷物”になっている。最近のABC部数を見てもスクープ連発の『週刊文春』は前期並みを維持したが『週刊新潮』は下落した。『週刊朝日』や『サンデー毎日』などの新聞社系は採算割れの状況だ。

【社 会】 「愛子天皇」実現へ‐小和田人脈が動く
河野太郎前防衛相が「女性・女系天皇」を容認する発言を行い、物議を醸した。その発言を歓迎していたのが、雅子さまの父・小和田恆氏だったという。「男系維持」にこだわらない菅政権の誕生で「愛子天皇」実現の可能性はより高まった。「愛子天皇」に向けた動きの真相に迫る。

【社 会】 女子ゴルフがますます面白くなった
試合連続優勝した。その身体能力はジャンボ尾崎をも驚愕させた。米ツアーで実績を重ねている畑岡奈紗、昨年の全英女子優勝者・渋野日向子にベテラン勢、大型新人が加わり、女子ゴルフ界が熱い。

【生活&文化】 乳&卵巣がん‐「遺伝子の型」解明で根治へ
がんの「遺伝子の型(バリアント)」の解明が進み、遺伝性乳がん・卵巣がん」のリスクとなる遺伝子変異の中でも、その塩基配列のわずかな変化が病気の発症や治療効果を左右することがわかってきた。「バリアント」の研究で、より個別化に即した治療や薬の開発が可能になる。

ページトップへ

南部靖之パソナ代表−淡路島移転で補助金や税金優遇狙う
竹中平蔵パソナ会表が背後で蠢く
時流に乗った計画だが西村経済再生相との仲など政権と結んだ商売の臭いが

オンライン診療拡充が患者を救う
厚労省&医師会は消極的だが
コロナ禍は社会変革を促したが医療でも地方在住や通院できない患者に福音が

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
膵がんを新ウィルス療法で撲滅へ
青木一教国立がん研究センター研究所副所長が挑む
早期発見が難しく進行も速い膵がん細胞をウイルスを応用して破壊する!
                    ジャーナリスト 安達 純 
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
菅首相‐橋下徹起用で長期政権狙う
総選挙完勝→来年再選目指し
若者はじめ全世代が共感する「携帯料金値下げ」を引っ提げ国民に信を問う




 
 
・財務省「復讐」開始す‐官邸官僚敗れたり ・石破茂‐「野党統一候補」で首相を狙う日‐小沢一郎が細川護熙政権の再現を画策する
・《政官パトロール》農水省「GoToイート」は経産主導だ─── ジャーナリスト 横田由美子
・氷見野良三 金融庁新長官‐地銀再編に剛腕振るえるか‐菅政権は地方創生の成果を急ぐ
・文科省「9月入学&教科書検定」燻ぶる‐教科書調査官疑惑も解明しないまま
・立憲‐小沢vs.赤松「対立」で早くも揺れる‐旧態依然の執行部にうるさ型の中村喜四郎で内紛必至
・「維新」進撃す‐松井&吉村が橋下徹擁し‐菅首相と連携し大阪都構想と万博を進める
 
 
・武田薬品創業家&株主の反対高まる
・稲盛和夫‐「経営の神様」扱いに異論あり‐メディアは囃し立てるがJAL再建は債権帳消しのおかげだ
・〈連載 挑戦企業〉 小松ばね工業‐困難な注文も職人技で───政策研究大学院大学名誉教授 橋本久義
・益子修‐「三菱自動車」生き残りへ死を賭けた‐ルノー・日産との連携を進めたが課題は残る
・豊田章男トヨタ社長‐あえて「平時の改革」に挑む‐定期昇給見直しや副社長制廃止へ
    
 
 
 
 
 
・コロナ制圧へ厚労省と保健所改革急げ
・週刊誌危うし‐醜聞&不倫も飽きられた
・「愛子天皇」実現へ‐小和田人脈が動く
・南部靖之パソナ代表 ‐淡路島移転で補助金や税金優遇狙う‐竹中平蔵パソナ会長が背後で蠢く
・創価学会&池田名誉会長の「日中友好」は誤りだ‐新聞は報じないが米CSISが指摘へ
・朝日新聞‐悪意に満ちた「安倍批判」斬る─── 東京大学史料編纂所元教授 酒井信彦
・コロナ・ワクチン‐どの国が一番早いか‐日本からは治験中・治験前含め5つが候補に
・高須克弥クリニック院長怒る‐大村愛知県知事リコール妨害へ‐デマ情報拡散からサイバー攻撃まで
・半田晴久‐日本ゴルフ界に「活」を入れる‐閉塞感が漂う国民や医療従事者に檄を!
・ユーチューバー「ウン億円説」を信ずるな‐人気商売だが過激動画で炎上や逮捕の危険性も
・企業幹部「報酬1億〜20億超」の内幕暴く‐赤字決算や無配でも巧妙に報酬を
 
 
・【原子力発電「再生」へ106】立憲新党‐「原発ゼロ」への疑問と矛盾衝く‐無責任政策を声高に
・《中高年ノート》夜間の頻尿や無呼吸症候群を改善せよ‐質の悪い睡眠が続くと認知症のリスクも
・女子ゴルフがますます面白くなった‐笹生優花など驚愕の若手も登場し
・「オンライン診療」拡充が患者を救う‐厚労省&医師会は消極的だが
・乳&卵巣がん‐「遺伝子の型」解明で根治へ
 
 
・金正恩の「影武者」10人が世界を惑わす
・トランプ米国大統領逆転勝利へ「奇策」繰り出す‐内幕本では「社会病質人格障害者」との指摘も
・習近平‐共産党員9千200万人に号令す─── ジャーナリスト 宮崎正弘
 
ページトップへ

 
日立製作所/サッポロHD/ビックカメラ/日本交通/東芝/日本HPE/山崎製パン
 
 
ページトップへ

・楽天家の人生発見  「タレントのギャラは嫉妬の対象」 高橋三千綱
・日本警世  感情的に「安倍叩き」に走る朝日新聞に国民は呆れた  ジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録  「平和」ばかり連呼しても追悼式では何も学べない エッセイスト 大澤 正道
・自衛隊密着ルポ 自衛隊‐「宇宙作戦隊」で米国と連携強化へ 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 新聞の権威主義を嗤う
・THEMIS EYE 茂木敏充が「総裁選出馬」狙うも竹下派の「派閥事情」で潰れた
・THEMIS LOBBY 呼湛兇諒犬汎湛饗發陵Φい抜尭阿鯏舛┐燭
・スポーツ短針 原辰徳‐屈辱の更迭で吹っ切れた
・テレビ短針 「長寿番組」はテレビ局の財産
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ


 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。