トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 11月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は12/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 今月号の目次
注目記事 立ち読み記事 注目 がん特集
政治 経済 官僚 社会 メディア 生活&文化 国際
早耳人事 連載

【THEMISレポート】 小池東京都知事「希望消滅」&「都政混乱」の醜態暴く
メディアは「初の女性総理誕生か」と小池百合子都知事を持ち上げたが、希望の党は早くも狆談猫瓩妨かってまっしぐらだ。民進党の公認申請書に「○」「×」「△」などの色分けに携わったのは、小池氏と親しいマスコミ関係者だ。樽床伸二氏がいきなり党を仕切ったのもおかしい。国政&都政は滅茶苦茶だ。

【政 治】 安倍首相‐景気&消費税で大胆決断へ
安倍政権のアベノミクス始動から5年目にしてついに決定的な効果が現れた。完全失業率2.8%と構造失業率に近づき、賃金が上昇する局面を迎えたのだ。そんなとき、国政選挙に5連勝し、一度は財務省に騙されたとの思いがある安倍首相が10%に上げるはずはない……。

【政 治】 経産官僚の「東電乗っ取り策」は深化する
今年6月の株主総会で、東京電力は川村隆会長−小早川智明社長の新体制が発足した。中枢から東電幹部が消え、経済産業省の「経営乗っ取り」は着実に進み、嶋田経産次官の就任、そして「企業再生屋」と呼ばれる冨山和彦氏が外部取締役に就任し“最後の仕上げ”にかかっている。

【社 会】 柳井正ユニクロ社長兼会長‐「業績低迷」へ新難題襲う
'17年8月期の業績は順調でも、子細にチェックすると肝心の国内や米国が振るわない。先進国での行き詰まりがはっきりしてきたのだが、抜本的解決策は見えてこない。そんな矢先、柳井社長は70歳を機に社長を譲るといい出した。「世界一のアパレル会社」を目指す目標はギブアップするのか……。

【社 会】 神戸製鋼「不正続出」に内外の制裁迫る
神戸製鋼所の検査データ改竄事件は泥沼化の様相を呈してきた。しかもデータ改竄は数十年前からともいわれているから根は深い。いま、米司法当局が調査に動き出し、事件は世界に広がり出した。

【社 会】 朝日新聞‐「国有地払い下げ」に疑問あり
朝日新聞は「森友・加計問題」の追及に躍起になっているが、自身も国有地を払い下げてもらっていることには口をつぐんでいる。朝日の築地本社敷地は、'73年、財務省(旧大蔵省)との交換取引で払い下げられた土地だ。本誌はその経緯を徹底的に暴いた。

【国 際】 国連「北朝鮮統治」へ米国抜き作戦開始す
北朝鮮核保有容認か第2次朝鮮戦争勃発か、米朝交渉の行方に緊張が高まる。そんななか国連がトランプ政権とは別の動きをしている。ユダヤ人を中心とした国連のプロパー職員が描いているのは、朝鮮半島を統一した「高麗連邦」の樹立策だ。そのとき独裁者・金正恩の身はどうなるのか。

ページトップへ

北朝鮮電磁パルスは恐るるに足らず
一般家庭でも落雷対策が有効
破壊されたインフラは復旧不能で原始時代に後戻りし餓死者が続出するというが

大腸がん‐内視鏡+AIで完全克服へ
山田真善国立がん研究センター中央病院内視鏡科医師ら
検査では3〜10佑慮落としもあるがNECと開発したAIサポートシステムで防ぐ
ジャーナリスト 安達 純子

(最新号より注目記事を全文掲載)

ページトップへ
慢性疾患としてQOL向上へ
分子標的薬の「病勢安定」が癌患者を救う
−腫瘍を「完全寛解」するわけではないが成長を抑制し少ない副作用で驚異的な効果−
(過去の医療記事から特に反響の大きかったものを掲載)
ページトップへ
 
【THEMISレポート】
小池東京都知事「希望消滅」&「都政混乱」の醜態暴く
驕れる女帝に迫る哀れな末路
前原誠司・樽床伸二や怪しい側近を操り希望の党や都政を壟断してきたが
 
 
・安倍首相‐「保守大連立」で憲法改正加速へ
・安倍打倒へ朝日新聞が石破&岸田煽る‐森友&加計報道を批判され敵意むき出しで反撃するが
・日本郵政を瓦解させた戦犯3人を斬る‐小泉純一郎・竹中平蔵・西室泰三の大罪
・経産官僚の「東電乗っ取り策」は深化する‐「小早川社長の後任は冨山和彦氏」との見方も
・【政官界パトロール】財務省‐森友事件で隠す「深い闇」を斬る────ジャーナリスト 横田由美子
・〈政治短針〉小池人気に「変節」した政治家よ‐当選第一で自身の信念も捨て去るとは!
・「小池新党」を煽ったメディア&評論家の罪‐新聞やテレビで連日牴餌情報瓩鬚佞蟷気い
 
 
・景気&消費税で安倍首相大胆決断へ
・《トップ登場》国家の将来に向けて若い「人的資源」を活用せよ─――非破壊検査株式会社 社主 山口多賀司
・ポテチの湖池屋「発想転換」で躍進へ‐「話題になるか」を重視し爛灰ぅ雲風瓩魑こす
・柳井正ユニクロ社長・会長‐「業績低迷」へ新難題襲う‐世界一を目指すがヒット商品なく電子商取引も壁に
・三菱UFJ「9千500人削減」に他社も続く‐AIが仕事を奪い銀行の三大機能もバラ売りに
・神戸製鋼「不正続出」に内外の制裁迫る‐「データ改竄」で米国の司法省も動き出し重大事態も!
 
 
 
 
 
・朝日新聞‐「国有地払い下げ」に疑問あり
・西岡力麗澤大学客員教授「北朝鮮」の正体を見破った
・検察審査会‐曖昧判定に不要論噴出す‐不起訴でも被害者に納得できる説明はまるでない
・「最新JK(女子高生)商売」は危険がいっぱい‐規制をすり抜け年齢詐称や怪しい「裏オプ」も
・定年延長‐企業&社員の「期待と不安」抉る‐技術経験の継承はプラスだが組織刷新など課題も
・山田進太郎「メルカリ商法」襲う光と影‐「妊娠菌がついた妊娠米」などなんでも売れるが
・創価学会‐谷川新会長で暗闘&分裂へ‐公明党議員の醜聞の裏で創価学会内の勢力争い
・北朝鮮&ISテロ トランプ来日を狙う‐すでに工作員や戦闘員は潜入し11月6日早朝に決行か
・日本の「核シェルター0・02諭廚鯔鳴鮮が襲う‐欧米に学び日本も核シェルターを用意しよう
・北朝鮮「電磁パルス」は恐るるに足らず‐破壊されたインフラは復旧不能で原始時代に戻るというが
 
 
・原子力発電「再生」へ71 柏崎刈羽原発‐「合格」?「再稼働」へ前進す
・〈中高年ノート〉「タンス預金43兆円」を新特殊詐欺が狙う‐高齢者の手元にあるカネを狙った犯罪が急増
・林真理子‐「女・渡辺淳一」を目指す商魂‐日経新聞の連載で経済人のスケベ心を狙う
・半田晴久‐「ゴルフ愛」が世界を席巻する‐真剣&豪華なマッチプレーを皮切りに果敢な挑戦へ
・「人口減少&東京一極集中」で日本衰亡へ‐50年後に8千800万人へ?すでに影響が出始めた
・水戸岡鋭治‐「列車旅行」を一変させた男‐JR九州を蘇生させたが鉄道各社が真似るように
・大腸がん‐内視鏡+「AI」で完全克服へ
 
 
・国連「北朝鮮統治」へ米国抜き作戦開始す
・《ワシントンレポート》トランプが横田夫妻の悲願に応えた日──―在米ジャーナリスト 古森義久
 
ページトップへ

 
新日鐵住金/商工中金/神戸製鋼/SIE/新生フィナンシャル/ファイザーほか
 
 
ページトップへ

・楽天家の人生発見 「リーダーの値段」  高橋三千綱
・日本警世 日本の核武装を認めない米国人は銃規制に動かず ジジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録 東京裁判史観に淫した二人の昭和史阿保を斬る エッセイスト 大澤 正道
・裸の財務官僚 ノーベル経済学賞学者と違い日本の学者は「財務省のポチ」だ 嘉悦大学教授 高橋 洋一
・自衛隊密着ルポ 自衛隊「統合運用」強化は待ったなしだ 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 定員3人の中選挙区制へ
・THEMIS EYE 無所属組の当選者を糾合し岡田克也氏「野党結集」狙うが
・THEMIS LOBBY 学習院嫌いで早稲田へ 悠仁さま中学受験情報
・小社から読者の皆さまへ
往来之記(編集後記に代えて)

ページトップへ

表紙/水野典子 カット/伊東恵美
写真提供/共同通信 産経新聞 時事通信

 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。