トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 10月中に新規お申込みいただいた方に小社刊の健康情報誌『くらしとからだ』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は11/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 往来之記

テーミススピリッツを凝縮した往来之記を読めば、
テーミスがわかる!
(編集後記に代えて)

 10月から消費税が10佑砲覆蠅泙后そのため本誌は来年1月号から購読料を「1年間1万3千200円」と「半年間6千900円」にさせていただくことになりました。詳細は91呂農睫世靴討りますが、なにとぞ今後ともご購読下さいますようお願い申し上げます。

 本誌はこの10月号が創刊27周年になります。編集力はともかく営業力は殆どなかった小社を支えて下さったのは、まず読者の皆さまでした。さらに本誌の方針に賛成して下さった企業が広告などで応援してくれました。またスタッフの努力も忘れられません。大勢の人に感謝しながらの28年目突入です。  購読者名簿に目を通したり、ゆうちょ銀行の払込取扱票を見る度に「こんな方が読んでいて下さるんだ」と感謝しています。また読者の皆さまからの手紙にはすぐお応えするように心掛けているつもりですが、多忙に紛れて遅れることもあります。なにとぞご容赦下さい。

 8月号と9月号で、銃後の少年だった私の戦争体験を書いたところ、多くの方から体験や感想をいただきました。兵士として転戦した各地より家族に宛てた手紙からは、生命を賭けた戦場で祖国と残した家族の安寧を願う思いが伝わってきました。  満州から引き揚げた80代の女性は、ソ連兵から「女を出せ」と迫られた話を書いてきました。9月号の叔父の述懐と同じで、40代の女性が「代わりに私が」と名乗り出てソ連兵に連れて行かれ、そのまま帰ってこなかったといいます。引き揚げ船が着く舞鶴や佐世保には産婦人科医が待機し、妊娠した女性の堕胎手術をしていたのです。  しかるに世界的な賞も受けたある数学者は「ソ連が攻めて来たら赤旗で出迎えよう。そうすれば生命を助けてくれる」といったのです。彼らは占領後、抵抗する人は殺し、女性に暴行することが明らかだというのに、脳天気に呆れました。  ロシア、中国、北朝鮮に加え、韓国まで日本の領土やカネを狙っています。攻撃に勝る万全の準備=防御をするときです。

 田中角栄氏の努力や心くばりは誰しも認めるところですが、最近刊行された角栄本も実行力を礼讃するばかりで金権体質には触れません。田中氏を身近で見てきた屋山太郎氏が具体例を示して裁断を下しました。  宮崎正弘氏は香港デモを現地取材し、騒乱の実態と行方、さらに習近平に迫る危機と失政を追及しております。  1月号からの購読料改定に向け、本誌をさらに充実させる義務と責任があります。「正義と公平」の守護神・テーミスに恥じない雑誌を目指します。ご叱正をお待ちしています。


編集主幹 伊藤寿男

ページトップへ


 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。