トップへ戻る ºÇ¿·¹æ ÄÌ¿®ÈÎÇä ¥Æ¡¼¥ß¥¹¤È¤Ï ¹­¹ð·ÇºÜ  
<お知らせ> 5月中に新規お申込みいただいた方に小冊子『老後を安心させる中高年の必須知識26』を差し上げます。

最新号の目次へ
最新号の目次はこちらです
次号は6/1発売です!
定期購読申込み
半年/年間定期購読のお申込を
ネット上で受付しています。
  購読の更新・中止について

過去のタイトルを検索する
記事のダイジェスト版が毎月
届くメールマガジンです!

配信停止申込み
  最新号の目次を更新しました
  朝日新聞の報道を正せば明るくなる
『日本人が勇気と自信を持つ本』 好評発売中!
テーミスの雑誌・書籍がネット上でお買い求めいただけます
雑誌コーナー
テーミス
バックナンバー
書籍コーナー
書籍コーナー
  往来之記
  今月の立ち読み記事
  がん特集記事
  広報担当者様へ
  テーミスとは
  ご意見はこちらまで
  テーミス編集部 ブログ
トップページ 往来之記

テーミススピリッツを凝縮した往来之記を読めば、
テーミスがわかる!
(編集後記に代えて)

 本誌4月号が、発行日の4月1日に数十人の購読者の方々に届きませんでした。申しわけありません。早速、郵便局などに問い合わせたところ、武漢コロナの蔓延で郵便物の集配が滞っているということでした。そんな事情に鑑みて、5月号は進行を早めました。皆さんのお手元に5月1日に届くことを願っております。

 4月15日現在、コロナの跳梁は止んでいませんが、さまざまな偽情報やデマが拡散していることに腹が立ちます。国難という言葉が飛び交っていますが、76年前、大東亜戦争とその後の約10年こそ国難そのものです。  戦地へ送った父や兄の安否に一喜一憂し、米軍の容赦ない空襲に逃げまどったものです。加えて深刻な食糧難が続きました。そんな日々を私は少年として過ごしましたが、今回は“見えない敵”との闘いではあるものの、まだ慌てふためくことはないと思います。ただ76年前と異なるのは、真偽入り交じった情報が氾濫していることです。

 当時も、どこからともなく新型(原子)爆弾は白いシャツで防げる、風船爆弾が太平洋を渡り米本土を直撃しているなどの話が伝わってきました。私たちは戦況の不利を感じ取りながらも、日本は負けることはないと信じていたものです。  ところが今は、新聞、雑誌、テレビに加え、個人で自由に発信できるネットがあります。まずテレビの朝や昼のワイドショーの無責任に呆れます。彼らは首相の小・中などの一斉休校を早過ぎると批判したくせに、緊急事態宣言は遅過ぎたと攻撃するのです。“第4の権力”を象徴する堅牢清潔な社屋の中で太平楽を並べているだけです。  一方、ネットは情報発信の快感を大勢の人に与えました。自身の怒りや不満を「正義や厚意」を装って吐き出しているのです。「トイレットペーパーは沢山ある」というツイッターが、買い占めを煽った例もあります。日本は、あの未曽有の国難を乗り越えてきたのです。焦らず騒がずコロナ退治とゆきましょう。

 関西電力の現金授受事件のほぼ全容が公表されましたが、いま河井案里参院議員の公職選挙法違反(買収)事件が話題になっています。夫の克行衆院議員が県会議員などに現金を渡していたことが発覚し、辞職した町長もいました。現金の授受は必ずバレるものです。  私の知人県議が4選に臨んで町議にカネを配ったものの、対立派の2人は除外しました。受け取った町議が誇らしげに喋ったのを除外された町議が悔しくて告発したため、すべてバレてしまいました。法相にもなった克行氏の愚行に呆れます。夫妻は早々に辞職すべきです。


編集主幹 伊藤寿男

ページトップへ


 

Copyright (c) 2002- Themis Co.,Ltd All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
当ページへのご質問・お問合せは【こちら】までお願い致します。